社会保険労務士会とは

社会保険労務士とは

社会保険労務士法(注1) に基づき、毎年一度、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者となります。 

「社会保険労務士」は社会保険労務士法に基づく国家資格者であり、労働・社会保険に関する法令やその手続きの専門家です。採用から退職までの人事・労務管理及び年金制度に関して、身近なアドバイザーとして皆さまのお役に立ちたいと考えております。

 

(注1)社会保険労務士法は、昭和43年6月3日に制定され、同年12月2日より施行されました。

社会保険労務士会とは

社会保険労務士会は、全国の各都道府県にあります。

社会保険労務士の登録・入会の受付、会報の発行、会員向けの各種研修等を行うほか、会員が社会保険労務士としての品位を保ち、資質の向上と業務の改善進歩を図るよう指導しています。

また、皆さまと社会保険労務士をつなぐ窓口として、ご相談、ご要望を受け付けております。